忍者ブログ
NinjaToolsAdminWriteRes

はんなり便り

神苑内の花々の開花状況等をお知らせします。

HOME ≫ Entry no.350 「号外 桜情報 4/11」 ≫ [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345]

号外 桜情報 4/11

今日は号外として『平安神宮紅しだれコンサート2014』での、ライトアップされた満開の八重紅枝垂桜の画像をお届けしたいと思います。
























ブログをご覧の方の中にはすでにお越しになったことのある方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、この『平安神宮紅しだれコンサート』は毎年開催されている人気の企画で、当宮の八重紅枝垂桜のライトアップはこのコンサートが開催されている期間しか見ることができません。

本年は昨日から始まり、13日までの4日間行われます。


夜桜をご覧になりながら、東神苑尚美館(貴賓館)の特設ステージで18時40分~と19時50分~の2回、コンサートが行われます。
初日の昨日と今日は雅楽師の東儀秀樹さんの、また明日明後日の2日間はバイオリニスト浅井眞理さんを中心とした女性弦楽四重奏『紅しだれカルテット』のみなさんによる演奏が皆様を夢の世界へと誘ってくれます。























春の闇の中、ライトを浴びた八重紅枝垂桜は昼間の少女のような可憐な印象からは一転し、大人の女性のような艶やかな姿へと変わります。

昼間見た桜と同じものとはとても思えないほど、妖しく、美しい姿です。






















































今年は八重紅枝垂桜もちょうど満開で、見上げれば満天の星空ならぬ満天の桜空が広がり、異世界へ迷い込んでしまったかのような錯覚さえ覚えます。



桜の語源には様々な謂われがありますが、ひとつにはサ=神霊・クラ=座(神様が降りて来られる場)、つまり神霊の憑りつかれる場と考えられています。

開花を待ちわび、満開の姿に心躍らせ、木の下で宴を催し、散りゆく様子に儚さを感じる。

我々日本人にとって桜が特別な花、心揺さぶられる花である理由は、そこに神様がいらっしゃると感じているからであり、優雅でありながらも圧倒的な存在感を私たちに与えるこの神苑の桜は、まさしく神の桜と呼ぶにふさわしいものでしょう。











































夢のような景色と、優しく、美しく響き渡る幽玄な調べはまるで魔法のよう。

うっとりとさせてくれます。
















































さあ、あなたも夢の空間に酔い痴れてください。


 

























 






















『平安神宮紅しだれコンサート2014』へは18時の閉門後、改めてのご入場となります。
また、最終入場は20時30分です(21時閉苑)。
本日も17時頃より応天門前特設テントにて当日券が発売される予定です。
詳しいお問い合わせは075-241-6172(平安神宮紅しだれコンサート2014事務局)まで。




 

PR

≪ 桜情報 4/12 |PageTop| 桜情報 4/10 ≫


カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 11 13 14
16 18 19 20 22
23 24 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
heiansan
性別:
非公開

バーコード

お天気情報

カウンター

アクセス解析

フリーエリア


※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【heiansan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog