忍者ブログ
NinjaToolsAdminWriteRes

はんなり便り

神苑内の花々の開花状況等をお知らせします。

HOME ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6]

桔梗見頃

平安の苑が存在します、南神苑は平安の都の当時の文学書に現れる植物を植栽して参拝者の皆様の鑑賞に供しようと昭和56年に完成しました。その数は約180種類に及びます。
その中より、本日もキキョウをご紹介します。
平安の苑より古今和歌集の歌で「あきちかう 野はなりにけり 白露の おける草葉も 色かはりゆく」
秋が近づき草葉も枯れて色づく頃という意味のようです。キキョウは秋の七草でもあります。
ただ季節は真夏ですのでこの歌は時期的に似合わないですね。


今は非常に綺麗に咲いてますのでこの歌を口ずさみながら神苑を散策するのもいかがでしょうか。

PR

桔梗


 昨日は祇園祭も宵山で京都は賑やかで元気な1日でした。
さて平安神宮神苑も負けじと元気に咲く植物をご紹介したいと思います。
本日は南神苑よりキキョウが綺麗です。
紫色の花が優雅に真夏の気候を涼しく見せてくれてますね。
梅雨明け頃に咲くと言われている花ですのでこれからは外出日和が続きそうですね。




































アオクビ(マガモ)を発見。
水浴び中だったのでしょうか、気持ちよく泳ぐ姿が印象的です。
 







夏の神苑

祇園祭の真っ直中で多くの人で賑わっております。連休にあわせて京都へお越しと考えてる方が大半ではないでしょうか。

そんな中ですが平安神宮神苑のスイレンやコウホネも暑さに負けずに開いております。
祇園祭観覧にあわせて少し立ち寄ってみるのもいかがでしょうか。
 









スイレンは10時頃がオススメですよ。

紅花

京都は盆地であるため独特のじめじめした暑さが観光客の方々を少し悩ませてるのではないでしょうか。
本日の植物はベニバナをご紹介します。
こちらは平安の苑の植物の一種です。
源氏物語からの歌で末摘花の巻「なつかしき 色ともなしに 何に此の すゑつむ花を 袖にふれけん」
この末摘花の巻は源氏が17~18歳の時のことを記した巻であります。
親しみのある色でもないのになぜこの末摘花に触れてしまったのだろうという意味だそうです。


親しみやすい植物かどうかは実際に鑑賞いただいて感じてもらえればと思います。

朝の睡蓮

雨が降ったりやんだりと落ち着かない日々が続いてますね。
今日は午前のスイレンを紹介します。
花言葉は清純と言われております。
スイレンを眺め気持ちを落ち着かせ、暑い時期を乗り越えていただければと思います。



































































午後には閉じてしまうので午前中にお越しいただくのをオススメします。

|PageTop| 次のページ ≫


カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 11 13 14
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
heiansan
性別:
非公開

バーコード

お天気情報

カウンター

アクセス解析

フリーエリア


※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【heiansan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog